破損

破損

19 5月, 2017
ravu
No Comments

チェルノブイリ原発の爆発事故の数十年に及ぶ後追い調査のデータからは、成人と比較して子供のほうが飛散した放射能のダメージを一段と受けやすいことが読み取れます。
内臓脂肪タイプの肥満があった上で、油脂の摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2つ以上に相当するような健康状態を、メタボリックシンドローム、略してメタボと称しています。
バイク事故や建築現場での転落事故など、とても大きな圧力が身体にかかった場合は、複数の部分に骨折が生じたり、複雑骨折となったり、更には臓器が破損することもあるのです。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、これまでの生ワクチンに替わる新しい手段として、平成24年9月からとして導入されるので、集団接種ではなく医療機関で接種するというスケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わります。
吐血と喀血、いずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血は喉から肺を繋いでいる気道(きどう)から血が出ることであり、吐血は十二指腸より上にある食道などの消化管から血が出る病状を示しています。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、カルシウムが体内に吸収されるのを促す特徴で有名で、血液中の濃度を操作し、筋繊維の働きを適切に操作したり、骨を生成してくれます。
パソコンの光のチラつきを低減させる効果のあるレンズの付いた専用メガネが今人気を集めている理由は、疲れ目の対策法にたくさんの方が苦心しているからだと考えることができます。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があり、大気中に存在するオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を傷つけたりして、皮ふに悪影響をもたらすと言われています。
エネルギーの源として瞬時に働く糖質、人の細胞の新陳代謝に絶対欠かせない蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこれらに代表される活動を維持するために絶対必要な栄養成分までも減少させてしまう。
「時間がない」「無駄な人との付き合いが嫌でたまらない」「先端技術や情報の高度な進歩に付いていくのが大変だ」など、ストレスが溜まってしまう要因は一人一人異なります。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒の強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒素の脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種類が存在します。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、強い倦怠感、食欲低下、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の様々な症状が2週間以上続くのです。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、人間が「咳」をすることによって内気に排出され、空気中でふわふわ移動しているのを別の人が空気と一緒に吸い込むことにより感染していきます。
毎日ゴロンと横向きのままでテレビを眺めていたり、思いっ切り頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を履くという習慣的なことは身体の上下左右の均衡が乱れる原因となります。
体脂肪量には変動が無いのに、体重が食事・飲酒や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上がるのです。