Blog Detail

早合点

09 5月 17
ravu
No Comments

昨今、若い世代で感染症の一種である結核に対抗できる免疫(抵抗力)を保有していない人々が増えていることや、早合点のせいで受診が遅れることが素因の集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増えています。
栄養バランスの取れた食事を1日3回とることやスポーツはもちろんのこと、心身の健康やビューティーアップを目的とし、特に摂りたい栄養を補うために様々なサプリメントを飲む事が標準になりました。
肝臓をいつまでも健康にキープし続けるためには、肝臓の解毒する力が衰退しないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング術を迅速に実行することが必要でしょう。
不整脈である期外収縮の場合、病気ではなくても症状が見られることがあるので重大な健康障害とは限らないのですが、発作が何度も続けて起きる場合は楽観視できないといえます。
眩暈がなく、片耳だけに出ることの多い耳鳴りと難聴のみを何度も発症する症例のことを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」と呼ぶようなこともあることは意外と知られていません。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値でモニタリングできますが、ここ数年肝機能が落ちている人が明らかに増加傾向にあると言われています。
急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も多い中耳炎で比較的小さな子供によく起こる病気です。強烈な耳の痛みや38度以上の高熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が流れる耳漏などの色々な症状が発生します。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに替わり、平成24年9月からとなることによって、集団接種ではなく病院などで個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変わりましたのでご注意ください。
くも膜下出血(SAH)とはほとんどが「脳動脈瘤」と呼ばれる脳の血管の不必要なコブが裂ける事が原因となって罹患する死亡率の高い病気だという知識を多くの人が持っています。
よく耳にする心筋梗塞というのは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の中が狭まり、血流が途切れ、欠かせない酸素や栄養が心筋に配達されず、筋線維そのものが壊滅状態になってしまう怖い病気です。
ポリフェノールで最も有名な特長はL-アスコルビン酸や脂溶性であるビタミンEなどとは異なって、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を遅れさせる作用をいかんなく発揮するのです。
エイズとはHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって生じるウイルス感染症の事であって、免疫不全を招き些細な病原体が原因の日和見感染や悪性新生物などを複数発病する症候群のことを称します。
ばい菌やウィルスなど病気を引き起こす病原体(微生物)が口から肺の中に忍び入って感染してしまい、肺の内側が炎症を起こしてしまっている容態を「肺炎」と称しています。
寝姿を見ることなどで、高齢者が猫のことを愛おしく思った場合にオキトキシンというホルモンが多く分泌された結果、ストレス軽減やヒーリングにつながるのです。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する特別な酵素や、細胞や組織などの活動に欠かせない酵素など、200種類以上も存在する酵素を構成する成分として絶対なくてはならないミネラル分です。