Blog Detail

物体的

24 4月 17
ravu
No Comments

陰金田虫(いんきんたむし)は20〜30代の男性多く見られており、ほとんどの場合は股間の辺りだけに広がり、走ったり、お風呂上りなど身体が熱くなると強い痒みがあります。
鍼灸のはりを気になる所に刺してもらう、という物体的な程よい無数の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスという名称の要は電気信号伝達を引き起こすのではないかという見方が浸透しています。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しく開発された薬の特許が満了してから約4週間後には、市場の約8割が後発医薬品に変更される医薬品もある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は世界各国で採用されているのです。
エイズウイルス(HIV)を保有した血液や精液のほか、女性の腟分泌液や母乳といった類の体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分に触れると、HIVに感染する危険性が高くなるのです。
2005(平成17)年2月より新たに特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)の入れ物に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語の文章を表記すること義務化した。
黴菌やウィルスなど病気を誘引する病原微生物、すなわち病原体が口から肺へ進入し感染した結果、左右どちらかの肺が炎症反応を呈示している状況を「肺炎」と総称しています。
最も大きな内臓である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変といった多くのトラブルの誘因となる恐れがあるのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いので大気中のオゾン層を通る際にその一部が吸収されるのですが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
悪性腫瘍である卵巣がんは、普通ならば人の体をがんから保護する役割をする物質を産出するための金型のような遺伝子の異常が引き金となりかかってしまうというのは周知の事実です。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かずにじっとしていても燃える熱量のことで、大方を全身の様々な筋肉・内臓の中で最も大きな肝臓・大量の糖質を消費する脳が消費しているのです。
体脂肪量(somatic fat volume)には変動がなく、体重だけが食物の摂取や排尿等で一時的に増減する際は、体重が増えれば体脂肪率は低下し、体重が減少した人は体脂肪率が上がるのです。
男性だけにある前立腺は成長や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関係し、前立腺のがんも同じく、アンドロゲン(男性ホルモン)の作用で成長してしまうのです。
触れあいなどで、人間が猫を愛おしいと思うことによってホルモンのオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽減したり心のヒーリングなどに繋がっているといわれています。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、特に病気ではなくても症状が起こることがあるためさほど珍しい病気ではないと考えられていますが、発作が何度も立て続けに起こる時は危ない状態です。
下腹の疝痛をよく起こす主な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿路の結晶が詰まったりする尿路結石症、原因不明の潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な病名がみられるでしょう。