Blog Detail

若者

06 4月 17
ravu
No Comments

2005(平成17)年2月から特保(特定保健用食品)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の日本語の表記が義務となっている。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという特徴があるため大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊するなど、肌にとって悪い影響を与えることが明らかになっています。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害なUV-A波の度を越した浴び過ぎは皮ふ疾患を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若者が日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を各国に喚起しています。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究結果として、ワクチンの予防接種効果を予想できるのは、ワクチンを注射した日のおよそ14日後から約150日程だろうということが分かっています。
ロックミュージシャンのコンサートの開催される会場や踊るための広場などに設置されたものすごく大きなスピーカーの真ん前で大きな音を浴びて耳が聞こえづらくなることを「ロック外傷」と呼ぶのです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森林の杉やヒノキ、ブタクサなどの花粉が元凶となって、くしゃみ・目や皮膚のかゆみ・ノドの痛み・鼻みずなどの辛いアレルギー症状を示す病気として認識されています。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわって、正式に定期接種となるため、病院などの医療機関で注射する個別接種のスタイルになりました。
なんとなく「ストレス」は、「無くすもの」「除外すべき」と断定しがちですが、其の実、人間は多少のストレスを感知するからこそ、生き続けることができているのです。
「いつも時間に追われている」「気を遣うお付き合いが嫌でたまらない」「先端テクノロジーや情報の著しい高度化になかなか付いていけない」など、ストレスを受けやすい原因は人によって違います。
内臓脂肪症候群であるとは断言されていなかったとしても、内臓の脂肪が多く溜まるような悪い肥満症を抱えてしまうことにより、命にかかわるような生活習慣病を発症しやすくなります。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)に存在するインスリンの源であるβ細胞が壊れてしまうことから、結果的に膵臓からほぼインスリンが出なくなり発病する自己免疫性の糖尿病です。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼び、カビの一種の白癬菌が股間や陰嚢、尻などの部位にうつってしまい、棲みついてしまう病気であり俗に言う水虫です。
冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法では現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈大動脈(かんどうみゃくだいどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の両者の治療方法が標準的に採用されています。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が見られないのに、体重が食物の摂取や排尿などにより一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減った人は体脂肪率が上昇することがわかっています。
環状紅斑とは何かというと環状、所謂まるい形をした紅い湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮膚のトラブルの総合的な病名ですが、誘因は本当に多種多様だといえます。