Blog Detail

抑制

10 3月 17
ravu
No Comments

患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足し、気分の落ち込み、不眠、強い倦怠感、食欲不振、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの辛い症状が出現します。
トコトリエノールの作用の中では酸化を防ぐ作用が一際認知されていますが、更に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生成を抑制したりするということが知られています。
大多数の人に水虫イコール足、ことさら足指の間にみられる皮膚病だと思われがちですが、白癬菌にかかるのは足だけではなく、全身いたる所にうつるという危険性があるので気を付けましょう。
アルコール、薬、合成乳化剤を始めとした食品添加物などの物質を分解し、無毒化する働きの事を解毒と呼んでおり、肝臓が果たしている最も重要な働きのひとつなのです。
「常に時間に追われている」「面倒くさい様々な人間関係が嫌」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの進化に付いていくのが大変だ」など、ストレスを受ける要因は人によって違います。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、日々のストレス、高齢化などの複数の素因が集合すると、インスリン分泌が減少したり、機能が低下したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。
結核をもたらす結核菌は、菌を持っている人がゴホゴホと「咳」をすることで室内に飛び散り、空気中でふわふわと流されているのを他の誰かが呼吸の際に吸い込むことにより次々に感染していくのです。
ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、新薬とまったく同一の成分で負荷を下げられる(薬代が廉価な)後発医薬品そのものです。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビの一種が陰嚢、股部、臀部などの場所に何らかの理由で感染し、寄生してしまう感染症であり即ち水虫です。
肝臓を健やかに維持するためには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、即ち、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが有効だと考えられます。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している血液や精液、母乳や腟分泌液などの体液が、交渉相手などの粘膜部分や傷口に接触すれば、HIV感染の可能性があります。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は睡眠中ではなく目覚めている状態で生命を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張の保持など)ために要る最も低いエネルギー消費量のことを指します。
肥満(obesity)は勿論摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが要因ですが、同じボリュームの食事であったとしても、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することにより肥満(obesity)を招く恐れがあります。
塩分や脂肪分の摂取過多をやめた上で適切な運動に尽力し、ストレスを溜めすぎないような日常生活を続けることが狭心症をもたらす動脈硬化を未然に防止する知恵なのです。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことから、その膵臓からはインスリンが微々たる量しか出なくなってしまって発症してしまうという生活習慣とは無関係の糖尿病です。