Blog Detail

通信最大手

20 2月 15
ravu
No Comments

従来のADSLと最近話題の光インターネットが異なる最大のポイントといえば、結局昔ながらのADSLは電話回線を使っているのに対して、光ファイバーだと、専用の特殊な電線を活用して信号を変換した光の点滅に頼ってハイスピード通信が可能になったというわけです。

通信最大手のNTTが保有している光回線システムというのは、完璧で、北海道から最も南は沖縄県まで全国の47都道府県においてどこでも敷設されているので、国内すべての場所が現在は「フレッツ光」をサービスしてもらえるエリアということになるのです。

注目されている光ネクストの能力を生かした新サービスとして今まで以上に便利なシステムが利用可能になるようで、具体的なものでは自分の携帯からマンションの総合的な防犯管理であるとか家電製品の電源切り替えをするなんてことまで可能になるでしょう。

今後新規に光回線を使うのであれば、忘れずに「回線事業者」に加えて「プロバイダー」の二つの業者と契約を結ぶことが必須であり非常に重要です。契約する二つのうち回線事業者というのは専用の光ファイバーの回線を準備している会社を指します。
NTTが提供するフレッツ光については新しい申し込みの際にはプロバイダーをどこにするのかで時間をかけても回線速度に思っているほど差がわからないと言わることが少なくありません。という状況なので単純に利用料金だけを比較してみて決定してもいいと思います。

現代の生活に欠かせないインターネットに利用者の端末を接続するサービスを提供する組織のことを広くインター