Blog Detail

規制

28 11月 14
ravu
No Comments

「意地悪罪」や「虚言罪」を制定すれば、弊害はとんでもないでしょう。
私も、家内をナンパしたときのことが、罪に問われて収監されるかもしれません(笑)

しかし、今回の場合の弊害は、ハーブやお香を焚きたい…と思う人に出るだけです。その辺を勘案するべきだと思うのですが。和歌山の条例を見てみましたが、やっちゃんさんのおっしゃっているような規制とは違います。
この条例では確かに薬物の定義規定の中に「濫用されることに よって、興奮、幻覚、陶酔その他これらに類する作用を人の精神に及ぼす、又は及ぼすおそれがある物」を挙げていますが、浮気調査 茨城これがすべて禁止されているわけで はなく、基本的にはその中から知事が指定したもののみが「知事監視製品」として規制の対象になっているのです。
しかも、指定の際には「特定できる情報」を 告示することが要件となっています。「症状で大雑把に違法な薬物を定義して、それらがすべて規制の対象になる」というような単純な制度ではないのです。やはり、現行憲法下ではそういう制度は困難でしょう。